雑感 アーカイブ

髙須賀優 「なにもののためでなく 自分のためでもなく」展



新年あけましてお目出とうございます。
昨年はたいへんお世話になりました。



新年早々個展のお知らせです。

昨年の夏、群馬県沢入国際サーカス学校の教室ふたつ使った空間で絵を画く機会が 
ありました。出発前東村山のアトリエでぼんやりと頭に浮かんでいたテーマは、  
『正直に向かうとは…………何か?』
自分のこと、家族のこと、世界のこと、死のこと…………

           お時間が御座いましたら是非会場にお立ち寄り下さい。
           よろしくお願いいたします。  


────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────

会  場:東京両国シアターXギャラリー
会  期:2019年1月12日(土)〜22日(火)
開廊時間:13:00〜19:00 (最終日16:00まで)
入 場 無 料
*毎日在廊しています。









   












旧沢入小学校の運動場にあった祭りの櫓に帆布作品を吊るしドローンで撮影。
 (撮影:沢入国際サーカス学校の卒業生アクロバットのタカシェンカ氏)




















  

  〒130-0026 東京都 墨田区両国2丁目10−14両国シティコア内
  電話:03-5624-1181



『髙須賀優 絵画展・・・「曲芸お伽草子」より』

髙須賀優 絵画展・・・「曲芸お伽草子」より 数年ぶりの個展でございます。 20世紀末から21世紀初頭にかけて描きためた 水彩画群から厳選した10点を展示。 2018年10月22日(日)~11月4日(日) 12時~20時(23日18時まで) 日替わりカフェ「una camera livera (ウナ・カメラ・リーベラ)」



台風予報






















台風

吹き千切れる雨合羽を着た父が外に居た
スコップで家のまわりに溝を掘る
東の窓にも板を打ち付ける
停電になった
妹と蚊帳の中でロウソクに火をつけた
泥水が台所まで流れ始めた
母が居た
恐ろしい唸り声をあげて雨風が家を襲う
妹が耳に指を入れている
家が揺れる 
ロウソクの炎が激しく揺れた
それでも蚊帳のなかは安心できた







(2018.9.4)

蟹 























一匹の蟹が、やっと生えかけた足でよろよろと立ち上がった。
足許に薄汚くかたまった抜け殻を見詰めながら、蟹が笑った。

去年の冬、白い蒲団に干涸らびた褐色の爪をたてた、蟹の足が横たわっていた。
ハハハハァ ハハ……………






(2018.8.24)

Café du matin 11 




















久しぶりにドトールで絵を描いた。
手の影が映り込んだ画像が面白い。

午前のカフェは、ながく通っていると来る面々が同じで、
それぞれの抱えている人生が垣間見えるような妄想に駆られる。






(2018.8.13)

小説「処女幻想譚」


























安達史人さんの小説第二弾「処女幻想譚」が彩琉社から出版されました。
特異な「自分史」的「私小説」作品。
装画・挿画に私の「曲芸お伽草子」(鶴書院)の絵を使って頂きました。


(2018.7.27)

沢入サーカス学校で帆布画制作





















群馬県沢入サーカス学校で帆布画制作。
6月27日〜29日、7月10日〜13日、7月17〜21日
巾1.18メートル長さ10メートルの帆布、鉛筆、硬めのコンテ、
色鉛筆、炭、アクリル絵の具、校庭の土、植物、チラシ。

帆布画の大作は、初めての試み。
描くにあたって、「正直に向かう」とは…。
自分のこと、家族のこと、世界のこと、死のこと…。
手が動き描き進むにつれ、
なにやら空虚ともいえる開放感を軆が感じた。
「なにもののためでもない」ましてや自分のためでもない絵が描けたように思う。

2019年1月12日〜22日
シアターXギャラリーで個展開催が決まりました。



(2018.7.25)

最近描いた絵












































最近描いた絵をアトリエに広げてみた。
小さなアトリエなので、ごらんのような空間が出来きた。
面白いので写真におさめてみた。


(2018.7.8)

理由なき反抗展









ワタリウム美術館での「理由なき反抗」展をみに行った。
中国のアーティスト、ホワン・ヨンピンの作品「避難はしご」をみたかった。
「避難はしご」は全長32メートル、本物 の鋼 (はがね)製の包丁によってつくられたはしご。
天安門事件を経験した緊張感と危険を正直に表現するんだという姿勢が気持ちいい。





(2018.7.5)

Café du matin 7


赤い海























(2018.4.9)

デヴィッド.リンチアートライフ (アソビヱ)










































アソビヱ フライヤーに、 4色ボールペン、水彩、サインペン、色鉛筆、などを使って気ままに描いています。

(2018.4.2)

夢中







(2018.3.28)


Café du matin 5










(2017.12.27)