雑感 アーカイブ

カラバァッジョ展―アソビヱ




































「罪深き女」として描かれた《マグダラのマリア》は
何人かの画家に描かれているが、
カラバァッジョの絵には画家自身がある




(2016.6.2)