雑感 アーカイブ

「ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド」―アソビヱ





監督 ケヴィン・マクドナルドの「ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド」を見てきました。
英国軍人を父に、ジャマイカ貧民を母に持つ彼は、少年時代から二つの世界に引き裂かれ、自分のルーツを人類の起源の地と言えるアフリカに求めて、宗教や人種を超えたメッセージを歌に込めたそうです。1981年、直前まで演奏活動を続け……1981年 36才の若さで がんで死去しました。





One Love ボブマーリー


人には愛があり、心も備わっています
みんなで一緒にそれを感じましょう
子どもが泣いているのを聞いてください
愛と思いやりを教えられます
そして感謝して神様を称えましょう
自分の嫌なところを言いましょう
すべてをさらけ出してください
そこに愛と思いやりが訪れます
自分のためだけに人を傷つけることはないでしょう
人には愛と思いやりが宿っています
愛と心ははじめからありました
わかりましたね
神様に感謝して称賛しましょう
そうすれば人は寄り集まって感じるでしょう
それらが一つのものであると
聖なる戦いに集まろう
愛があるから滅びはありません
哀れは内側からやってきます
神様にはみんなお見通しです
人には愛があり心があります
素直に感じましょう
人前で歌うとき胸を張って歌っています
私は神様に感謝しています
惜しみなくほめたたえます
みんなも一緒に集まってきてください
私の感じたことを一緒に分かち合いましょう

(2012.9.5)