雑感 アーカイブ

母の絵―2




事務所を引っ越したばかりの多田さんから、スケッチブックとぺんてるのクレヨンが届いた。母が絵を描きはじめた話を覚えていて下さったのだ。
先日、(92歳)から描き終えたからと早速一冊送ってきた。同封された簡単な文面から、多田さんに褒められたことが大変うれしかったことが伝わった。
僕の手元に届いたケッチブックは、もう4冊にもなった。
ガンバレ かーちゃん!! 
(2012.7.19)





バックは、母の住む4階のケアーハウスの窓から見える石鎚山。







































母の絵―1
母の絵―3